記事・コラム 2018.06.10

医者が知らない医療の話

【2018年6月】癌治療の免疫療法の種類について

講師 中川 泰一

中川クリニック

1988年関西医科大学卒業。
1995年関西医科大学大学院博士課程修了。
1995年より関西医科大学附属病院勤務などを経て2006年、ときわ病院院長就任。
2016年より現職。

 前回までで、腸内細菌などの「免疫系治療」をざっくりと説明した。これなどは免疫を「調整する」ことが可能で、単に免疫力強化だけでなく免疫過剰の状態を適正にすることができる。その他自閉症などについても有効なことはすでに述べた。
 ところで、癌治療に関しての免疫療法だが、以前少し触れたが、色々な名前の療法があり混乱し易いと思う。更に「オリジナル」を強調する為かクリニックが独自の名前をつけた免疫療法があったりで、なんかややこしい事になってる。そこで現在行われているものでどのような種類の免疫療法があるか説明して行こう。

リンパ球活性化療法

 免疫細胞療法とも言われる。かつては養子免疫療法やLAK療法と呼ばれていたもので、免疫療法の代表的な治療法だろう。
元々は。IL-2によりリンパ球が増殖できる事がわかってから、体内にIL-2を入れてリンパ球を増殖させようとした試みが行われた。この方法は現在でも一部で行われているようだが、副作用が出たり、あまり効果が出なかったりで結果的に言うと上手くいかなかった。その代わりとして、採血により体外にリンパ球を取り出して培養し、点滴により再び体内に戻すと言う方法が考案された。
これが、現在も行われており、その中でもリンパ球の中の7~8割を占めるαβ(アルファーベーター)T細胞を活性化し増殖するのが「アルファ・ベータT細胞療法」だ。これがリンパ球活性化療法の主流だが、ごく僅かにγδ(ガンマーデルタ)型がある。近年ではこのγδ(ガンマーデルタ)型も癌細胞を攻撃する能力がある事が報告されている。ただし、リンパ球全体の2〜3%程度と割合が低いので、これだけ培養しての治療はこれからだが可能性はあると思う。

NK(ナチュラルキラー)細胞療法

 その他、癌を攻撃する主な免疫細胞は、細胞傷害性Tリンパ球(CTL)とナチュラルキラー(NK)細胞と考えられている。CTLは癌細胞のMHC-class I分子と抗原ペプチドの2つを認識しないと癌を攻撃できない。一方、NK細胞は逆にMHC分子を発現していない細胞を攻撃する。この為NK細胞の方が癌が抗原提示を逃れた場合も攻撃し易い。まぁ「自然免疫」だから。
そこで、このNK細胞を採血により体外にリンパ球を取り出して培養し、点滴により再び体内に戻す方法。先のリンパ球活性化療法と同じような過程の治療法。 10年ほど前にNK療法が出て来た時はかなり画期的と思われたが、結局はαβ(アルファーベーター)リンパ球と大きな差は見出せなかった。それに私見だが、純粋にNK細胞だけ培養しようとするとαβ(アルファーベーター)リンパ球は捨てねばならないなど、「勿体ない」感じもした。現在も「NK療法」を謳っているクリニックもあるが、実はαβ(アルファーベーター)リンパ球も一緒に培養されているケースが多いと思う。培養液の関係でそう言うことが可能になったのと、先ほど行ったように「勿体ない」からだ。
培養を外部に委託しているところは知らないままのケースもあるみたいだけどね。

上矢印 TOP