医療ニュース 2024.04.11

ヒラメなどのすしを食べた後に「クドア・セプテンプンクタータ」による食中毒、都内では過去12例確認

 東京都は10日、練馬区の高齢者施設の入所者や職員計18人が、寄生虫「クドア・セプテンプンクタータ」による食中毒を発症したと発表した。

 都によると、発症したのは63~98歳の男女。3月28日昼、施設で調理されたヒラメなどのすしを食べた後、 嘔吐おうと や下痢の症状を訴え、便などからクドアが検出された。全員すでに回復しているという。

 クドアは長さ約0・01ミリで、ヒラメの筋肉に寄生する。厚生労働省などの調査で食中毒の原因になることがわかり、2011年に食中毒として取り扱うよう通知が出た。都内では過去、12例が確認されている。零下20度で4時間以上冷凍するか、75度で5分以上加熱すれば、食中毒を防ぐことができるという。

上矢印 TOP