記事・コラム 2024.04.23

COMO se HACEN las BOTELLAS de PLÁSTICO de COCA-COLA

コカ・コーラのペットボトルはどのように作られるのか

Fabricando(製造業)08:46

コカ・コーラのペットボトルがどのように作られるのかをご覧ください。 このビデオでは、石油がどのようにしてコカ・コーラのプラスチックボトルに変わるのかを舞台裏でお届けします。

※映像と合わせて字幕をご覧になる方へ
自動スクロールはしませんので、映像に合わせてスクロールさせてご覧下さい。

毎年5000億本のペットボトルが生産されている。
ペットボトルは世界中で生産されている。

これだけの量を生産するには、膨大な量のプラスチックが必要だ。
膨大な量のプラスチックでペットボトルは作られる。

このビデオでは、その舞台裏を紹介する。

石油がどのようにしてプラスチックに変わるのか。
コーラのプラスチックボトル
多くの透明なボトルは、プラスチックの一種から作られています。
と呼ばれるプラスチックから作られています。

ポリエチレン
コカ・コーラ製品の50%はペットボトル入りである。
コカ・コーラ製品はペットボトルに入っている
このプラスチックは原油から作られている

原油 原油は
原油輸送専用のタンカー
原油輸送専用のタンカー
1隻のタンカーが運ぶ原油の量は
百万バレルの原油を運ぶ。

地下深くから採掘される
タンカーから本土に汲み上げられ、巨大な製油所に送られる。

巨大な製油所に送られる。
問題は、原油が
異なる炭化水素分子で構成されていることだ。

炭化水素と不純物
硫黄塩や微量金属など
原油を使用するためには、異なる成分を分離しなければならない。

精製所
原油を様々な大きさ、重さ、重量の
大きさ、重さ、重さ、沸騰温度の異なるさまざまな成分に分解する。

沸騰温度
液体原油は高温の炉と蒸留塔に送られる。

高温炉と蒸留塔
ここで軽い成分は上部に、重い成分は
重い成分は蒸留塔の底に沈殿する。

原油は摂氏400度以上に加熱される。
原油は400℃以上に加熱され、蒸発する。

蒸発させた後、高温のガスを蒸留装置に送り込む。
高温のガスを高さ15メートルの蒸留装置に送り込む。

高さ15メートルの蒸留装置でガスが冷やされると、ガスは凝縮する。
ガスが冷えると、重質燃料が凝縮する。
まず、沸点の高い重質燃料が凝縮される。

ディーゼルのような沸点の高い燃料、次にガソリン
ディーゼル、ガソリン、軽油の順で凝縮される。

プロパンやエチレンガスのような軽い燃料
プロパンやエチレンガスはプラスチックの原料になる。

プラスチックが上に行く
加工後、エチレンは固化する。

固化し
ポリエチレン・ペレットとなり、プラスチック顆粒となる。

プラスチック顆粒は
水筒や2リットルの清涼飲料水ボトルなどの製品に使用される。

毎日、トラック7台分の
のポリエチレンペレットが工場のゲートを通過する。

工場の門をくぐると
25トンの貨物をポンプで
300立方メートルの巨大なボトルに投入される。

立方メートルのペットボトル
ペットボトルは軽い。
ペットボトルに入れる炭酸飲料には大きな圧力がかかる。

炭酸飲料は大きな圧力がかかる。
発泡性飲料には特別な製造工程が必要です。

継ぎ目のないペットボトルを作る
プラスチック・ボトルの製造は、2つの工程から成る。

まずプリフォームを作り、それを加熱してボトルにする。

ボトルに入れてプリフォームを作る
プリフォームを作るために、工場はポリエチレンペレットを注入する。

ポリエチレン・ペレットを射出成形機に投入する。

射出成形機
射出成形機にポリエチレンペレットを投入する。

ペレットをヒーターに押し込む。

このヒーターの温度はペレットを溶かすのに十分な摂氏290度である。

このヒーターはペレットを溶かすのに十分な約290℃の温度を持っている。
液状プラスチックを金型に注入する。

金型はプラスチックボトルの第一段階を作ります。
プラスチック・ボトルの第一段階を作り出します。

溶けた樹脂は金型を通して破壊され
中空チューブを形成する金型
金型は溶融材料を成形する道具です。

その中を溶融材料が通過することで
これらのロボットによって成形されると
の前に冷却される。

ベルトコンベア上に放置する前に
工場にはこの射出成形機が15台ある。

射出成形機で
50万以上のパフォーマンスを生み出すことができる。

今、首の一部は気づかれていない。
目立たないが、必要不可欠なのがこれだ。
を運ぶために使われる。

ブロー成形の工程を通して
成形されたプリフォームがほぼ瞬時に硬化する間、それを支えるためにも使われる。

成形されたプリフォームはほぼ瞬時に硬化する。
内蔵された冷却システムのおかげで、成形されたプリフォームは瞬時に硬化する。

冷却システムのおかげで、これらのプリフォームは瞬時に固まる。

パフォーマンは
コーラの瓶になる。
溝で固定されるまで落下する。

支えとなる棚によって固定される
パフォーマンの形は、膨らんだ風船のようなものだ。

膨らませるとボトルになる。
柔軟性を持たせるために、ヒーターの周りで回転させる。

115℃に保たれたヒーターのまわりを回転する。
115℃に保ったまま回転させる。

膨らませるのに十分な柔らかさ
プラスチック風船のように膨らませる。

プラスチック風船は、歯車で運ばれる。
支持台に沿って金型まで運ばれる。

プリフォームの次の目的地は、金型と呼ばれる機械である。

プリフォームは
ストレッチブロー成形機
このステンレス鋼の金型が、プリフォームを成形する。

リフォームをボトルへと変える金型である。
金型は2つのボトルを作る。

青いホースから冷たい水が入り
お湯が赤いホースから出てくる。

各プリフォームが十分に加熱され、プラスチックが可鍛性になる。

その後、ロッドを挿入して
ロッドでプリフォームを縦に伸ばし
縦に延ばしながら
超高圧の空気
これにより、プリフォームはボトル型の金型に押し込まれる。

金型の形状がボトルの最終形状を決定する。

最終的なボトルの形が決まる
金型の内部で冷水を注入する。

冷水を金型に導入し、冷却する。
プラスチックをほぼ瞬時に硬化させる。
金型の末端は非常に低温である。

この冷たい金属が、ボトルが成形されるときにボトルの形を作る。

ボトルが
ボトルが型の外縁に触れる
完成して準備完了。

この機械は1回転するごとに、1時間に1万本以上のボトルを生産する。

一回転ごとに毎時10,000本のボトルを生産
40本のボトルが生産される

チューブがカモフラージュされ、ボトルが成形される。
ボトルは冷却工程に入り、プラスチックが固化する。

冷却工程を経てプラスチックが固化する
固化し、ボトルの形状になる

ボトルが冷えると、このコンベアマシンは
ボトルの張り出し部分によって各ボトルを保持する。
ただのベルトコンベアではない。

このシステムは空気駆動であるため、ボトルはベルトコンベアから排出される。
空気で駆動されるため、ボトルはこのベルトコンベア上を1キロ以上
パレットの端に到達するまで、このベルトコンベア上を1キロ以上移動する。

パレット・エリアの端に到達すると、ボトルはパレットに積まれる。

ボトルはパレットに積み重ねられ、24時間以内にパレットに積み重ねられる。
に出荷される。

コカ・コーラのボトリング工場に運ばれ、そこで
に運ばれ、そこで象徴的な飲料が充填される。

2リットルのペットボトル
工場から到着したばかりの2リットルのペットボトルは
ペットボトルが詰め替えられる前に、ペットボトルは次の工程を経なければならない。

業界ではデパレタイザーと呼ばれる機械がこの工程を行う。
ベルトコンベアーがボトルをデパレタイザーに運ぶ。

ベルトコンベアーは完成したボトルを
出来上がったボトルは包装エリアに運ばれる。

ボトルはコンベヤーを通り、包装エリアへと運ばれます。

コンベアシステムを通って
支持台によって再び
その後、ボトルは向きを変えられ、イオナイジング・ブラストが行われます。

イオナイジングブラストにより、破片が洗浄され、静電気が中和されます。

静電気を中和する
印刷ラベルがボトルに巻かれる

印刷されたラベルがボトルと
ボトルに巻き付け、所定の位置に貼り付けます。

ボトルは充填室での工程を終えます。
充填工程では、製品が均等かつ安定的に充填されます。

製品が均等かつ一貫して
各ボトルに均等かつ安定的に分配される

新しいボトルであっても、清涼飲料水工場では
清涼飲料水工場はボトルは充填前に洗浄される。

リンサーはボトルを裏返し水ですすぎます。
水が抜かれると、機械はボトルを逆さまにする。
ボトルを逆さにし、充填ステーションに運びます。

一方、ミキシング・ルームでは、技術者が清涼飲料を準備する。
技術者は、この生産工程で瓶詰めする清涼飲料水を準備する。
この製造工程で瓶詰めされる。

飲料はカーボネーターと呼ばれる加圧タンクに入れられる。
カーボネーターと呼ばれる加圧タンクに飲料を入れる。

炭酸ガスを注入することで、飲料に気泡が入る。
炭酸ガスの気泡が飲料に入る。

炭酸化された清涼飲料水は、ボトリングマシンに送られる。
ボトリングマシンは、各ボトルから空気を抜き取り、ボトルに充填する。

各ボトルから空気を抜いてから
2リットルのコカ・コーラが、1分間に何本充填されるか。

1分間に何本
充填バルブが最初に行うこと
ボトルを加圧し、充填ノズルの圧力を均等にします。
充填ノズルの圧力を均等にすることです。

ボトルを満たすには、ホイールが1回転する必要があります。
ボトルを満たすには、中のコークスは
中のコークスは非常に冷たい。

液体は約2~3
摂氏2~3度である。

製品を安定させる
熱ければ泡立ち、ボトルに入れることができない。

ボトルはバルブから開放され、減圧される。
減圧し、圧力を封じ込める最良の方法である。
圧力を封じ込める最良の方法はキャップだ。

ボトルが製品で満たされると、キャップが装着される。
ボトルの上部にキャップがかぶせられ、中身が密閉される。

内容物を密封するためにボトルの上部に
ボトルに製品が充填され、密封された後
充填・密封されたボトルは、次の検査工程を経る。

検査工程を経て
密封されていることを確認する

密封されたボトルは、木箱やパレットに入れられ、輸送される。
輸送と流通のために、木枠やパレットに入れられる。

アルミ缶がどのように作られるかを知りたければ、「流通」をご覧ください。
リンクがあります。

このビデオが気に入ったら、「いいね!」を押してください。
いいね!を押して誰かとシェアする

このチャンネルを購読する

を有効にしてこのチャンネルを購読してください。
通知を有効にしてこのチャンネルを購読してください。

ご挨拶

[音楽]

[拍手]

一覧ページに戻る

上矢印 TOP